行政書士は受験資格がないので独学でも受験可能

文房具

コンテンツ一覧

誰でも受けられる資格

男性

受験資格がありません

行政書士は受験資格がないので、大学を卒業していなくても誰でも取得することができる資格です。しかし、行政書士として働くには成人にならなければいけないため、未成年で資格を取ってもその年齢に達しなければ活動することはできません。若いうちに資格を取得して保持しておくことは可能です。しかし若いうちに取得できる人は稀で、行政書士の資格を取るのは難しい勉強をしなければいけないといわれています。行政法の専門家であり、資格を取るためには行政法以外にも習得しなければいけない法学がいくつもあります。子供に限らず大人でも難しいといわれているその資格は、合格率も低く、取得するのであれば集中して勉強しなければならないといいます。ですが、人によっては大学に通わずに、独学で勉強して取得するものもいます。

自分で勉強する方法

行政書士の資格を独学で取得することができるのかといえば、若い人でも取る人がいるということで独学でも十分取得可能です。そのためには独自の勉強法を習得することが大事で、独学で内容を理解することができるように毎日自分のペースを守って勉強していくことで合格率を高めることができます。自分が理解しやすいと感じた参考書を見つけて、その参考書をじっくりと読み、内容を把握することです。このとき、あれもこれもと参考書をいくつも読んでしまうと、わけが分からなくなってしまうことがあるといわれているので、参考書を読んで勉強する場合は1冊か2冊で抑えるほうが良いといいます。そのほか最近ではインターネットで行政法やそのほか参考にできるサイトがいくつもあり、それらを参考にして勉強するのも良い方法となります。

統率力を身につけるコツ

コンサルタント

マネジメントスキルとはプロジェクトにおける参加メンバーを管理して、求める成果を出すために必要な技能です。そのための資格を取得すれば、転職にも役に立ちます。マネジメントスキルには様々なタイプがあるので、何を必要とするかを定めることが大切です。

詳細へ

プロフェッショナルへの道

アロマセラピー

アロマセラピストを目指すならば、認定資格を取得できる、民間団体の認定スクールで学ぶと良いでしょう。認定スクールならば、本格的な上位資格や併せて複数の資格を取得することもできるので、セラピストとしての幅を広げることができます。

詳細へ

保育園の先生に

男の人

保育士の資格は大学や専門学校、通信教育などで得ることができます。それぞれにメリットとデメリットがあるので自分に合っているものを選択するのがポイントです。保育士以外の資格を得ることができるところもあります。

詳細へ